『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』のウッドローチェアはおしゃれでコスパ最高!【レビュー】

QUICKCAMPウッドローチェア
  • URLをコピーしました!
QUICKCAMPウッドローチェア

キャンプをするにあたって、こだわりたいアイテムの一つがアウトドアチェアですよね。
最近では、様々な種類のアウトドアチェアが発売されていますが、今回はキャンプサイトで映えること間違いなし!
雰囲気抜群の『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』 ウッドローチェアを紹介します!

MARO

買って大正解!

目次

『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』ウッドローチェアの基本情報

展開サイズ約55×54×65㎝(座面高約32㎝)
収納サイズ約55×65×8㎝
重量約3.5㎏
耐荷重80kg
素材フレーム:天然木(ビーチ材)
シート:ポリエステル(クッション入り)
カラーブラック・サンド
価格9,900円(税込)

『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』のおすすめポイント

QUICKCAMPウッドローチェアでキャンプ

デザインがかっこいい

僕はまずこのデザインに一目惚れしました。とにかくかっこいい。シートのキルティング生地が、レトロで渋いところがたまらなく好きです。
そして、このウッドのフレームが、キャンプサイトによく合います。
ニス加工もされていないので、自然な天然木の色味がいいですよね。

MARO

YOLERのメッシュテーブルとの相性も、抜群です!

嬉しい脚キャップ付き

QUICKCAMPウッドローチェアの脚

室内でも使いやすい脚キャップ付き。なので、屋外でも室内でも、お気に入りのアイテムを持ち込めるのは嬉しいですよね!

QUICKCAMPウッドローチェアの脚キャップ

このキャップは着脱可能で、取り外して洗うこともできます!

ウッドローチェアの座り心地

QUICKCAMPウッドローチェアに座る

ウッドローチェアに座った感じは、座面の生地がしっかりしているのでピンと張っている感じ。
ですが、キルティングシートの背面と座面にはウレタンシートが挟まれているので、適度なクッション性も感じられます。座っていて反発は感じないと思います!
あと、やはり椅子が低いと座っていて楽です!

燃えにくいシート素材

完全防炎ではないですが、シートに燃えにくい素材を使用しています。
ただ、やはり焚き火をする際、火の粉には注意が必要です。
席を離れる際は、防炎ブランケットをかけるなどすると、よいかもしれません。

便利な収納付き

QUICKCAMPウッドローチェアの収納

背面には、本やスマホなどの小物類を収納できるポケット付き。シェラカップや、カラビナなどがかけられるループも付いています。
個人的にはこういうひと工夫が大好きで、ただかっこいいだけじゃないのがいいですよね!

セッティングは1秒

QUICKCAMPウッドローチェアを手に持って
QUICKCAMPウッドローチェアを手に持って

収納は折りたたむだけですので楽ちん!厚みは約8cmになります。

『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』の欠点

QUICKCAMPウッドローチェアの肘掛けの傷

ウッドチェアは、傷や腐食防止のためにニス加工されているものが多いと思いますが、『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』のウッドの部分はナチュラルでニス加工されていないため傷が付きやすく、目立つということ。
これは好みが分かれるところだと思いますが、僕はそれでもこの自然な木の色味が気に入っています。

まとめ『QUICKCAMP(クイックキャンプ)』ウッドローチェアをレビュー

今回は、お気に入りの『QUICKCAMP』ウッドローチェアをレビューしました!
男らしい雰囲気はもちろん、ナチュラルな雰囲気にもぴったり合うと思いますよ!
かっこよくてコスパの良いローチェアを探している方にはおすすめのアイテムです。ではまた。

QUICKCAMPウッドローチェア

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次